諫早・大村・雲仙市の星のリノベーション│増改築リフォーム専門店

施工対象エリア

諫早市、大村市、雲仙市、島原市、その他周辺

お電話でのご相談もお気軽に

050-3461-8030

8:45~17:45 日曜定休(電話受付中)

  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ資料請求

スタッフブログ星のリノベーションのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

会社ブログ 大正ロマン

2021年03月17日更新

こんにちわ!

長崎市・諫早市・大村市・その他地域で全面リフォーム&リノベーション(増築 減築 二世帯対応・エリアは大村諫早長崎島原雲仙)を手掛けております。

星野建設の営業の福田です。

 

 2月27・28日の完成見学会は沢山のご来場ありがとうございました!!

見学会

 

施主様のご厚意で今回は二物件連続で完成見学会をさせていただきました。

今後もまた開催いたしましたら宜しくお願いいたします。

 

近日施工事例に追加していきますので足を運べなかった方は是非チェックを

宜しくお願いします✓

 

 

 そして、なんと3月10日をもちまして、星野建設㈱は、

100歳になりました。

100周年新聞広告

トップページ

short movie など見れたりしますので、

お立ち寄りしてみてください✓

 

 100年前ってどんな暮らしか想像できますか?

今回は星野建設がまだ星野組だったころ、大正時代についてお話ししたいと思います。

というかコピペします👇👇👇

 

「大正デモクラシー」「大正ロマン」など多くの言葉が生まれた大正時代は、1912〜1926年の15年間です。

大正デモクラシーとは、大正時代に起きた政治に関する動きです。大正時代はまだ普通選挙が行われておらず、選挙権を持つのは一部の人たちだけでした。大正末期の1925(大正14)年にやっと普通選挙法が成立し、満25歳以上の男子だけに選挙権が与えられました(女性の選挙権が認められたのは1945年です)。

大正ロマンは、大正時代に花開いた大衆文化の様子を言い表す言葉です。大正時代は仕事をする職業婦人が登場し、洋装に断髪という特徴的な装いが生まれました。西洋文化の影響を受けた装いの彼女たちは、モダンガールと呼ばれました。

大正時代で忘れてはいけないのは、第一次世界大戦が起きたことです。1914(大正3)年から1918(大正7)年の大正初期に起こりました。戦時中は世界的な品不足から、貿易を積極的に行った日本は好景気になりましたが、戦後は大不況に陥ります。

また、第一次世界大戦の反省を踏まえ、1920(大正9)年には、国際連盟が発足します。発足時点で、日本は常任理事国に就任しましたが、昭和に入って脱退しています。

1920(大正9)年には、箱根駅伝の第1回も開催されています。また、ベルギーで開催されたアントワープオリンピックでは、日本人選手がテニスで銀メダルを獲得し、日本初のメダル獲得に日本は熱狂しました。

このように大正時代は、政治においても文化の面でも、大きな変化があった時期といえそうです。

大正時代のお給料やモノの値段は?

ところでこの頃、市民生活はどのようなものだったのでしょうか。

大正末期の大卒サラリーマンの初任給(月給)は、50~60円というデータがあります。また、職業婦人の平均月給はタイピストが40円、電話交換手が35円、事務員が30円だったそうです。

当時と今とでは物の値段がまったく違います。例えば、当時の米の値段は1升(約1.8L、約1.5kg)が50銭でした。タクシーの運行が始まったのも大正時代なのですが、初乗り料金は最初の1哩(約1.6km)が60銭だったそうです。また、純金1gあたりの小売年間最高価格は、1925(大正14)年で1円73銭でした。

ちなみにそれぞれ現在はどうなっているかというと、大卒初任給は21万円程度、米一升で1,000〜2,000円程度、タクシーの初乗りは410〜730円程度、金1gは6,500円程度です(2020年5月上旬現在)。

 

何となく当時の生活がイメージできたでしょうか?

そして、大正時代の『100年先の未来』を生きる私たち。100年後はどうなるでしょうか?

 

スケールが壮大っ。

私のしょうもない頭で考えましたが、20年前はゲームボーイ。今は公衆電話がなくなってスマホ。

ドローンや電気自動車も親から来たらアニメとかの世界から現実になって大衆化。

世界では60年ぶりぐらいに月にもいったり、宇宙軍ができたりと地球から太陽系へ人類はタッチダウンしてます。

AIや量子力学の露出で更に科学や技術も飛躍し、想像できないくらい大きく常識が更新されていくのでしょうが、

楽しみなようで、少し不安。

人がもっと追いついていかないといけないような気もします。

貧困問題は当時からするとよくなっているようですが、原発問題や、環境問題、いまだに紛争も絶えないですし。

課題は沢山。

 

 

100年前のことを考えると、先の事がより考え深くなりませんでしたか?

これからも星野建設は100年後を見据えて頑張っていく次第なのですが、

私もそうですが、皆さまも令和ロマン満喫しましょう。

コロナはまだ通過点にすぎないのですから。

【左写真】真ん中 

     創業者:星野兼平

【右写真】後列右端 

     創業者:創業者:星野兼平

今日は当社の創業百年の日。
写真は創業前大正8年四国松山での撮影されたもの。
このあと。島原に渡り「星野組」を設立。

 

最後に20日、21日はモデルハウスでイベントあります。

🌸春のリノベーション博🌸@諫早市・大村市・雲仙市

それでは楽しみにお待ちしております!

 

減築 増築 建替え リフォーム なんでもご相談ください。

諫早 大村 島原 雲仙 のお客様が多いお店です。

実家・二世帯・耐震・断熱・増築・改築・全面リフォームのご相談&展示場見学は、

お気軽にご連絡下さい?

電話の方はこちら!➿050-3461-8030

 

ライン始めております